【DeNA】桑原将志が先制の2点適時打「前半戦ラストの試合なので絶対勝てるよう頑張ります!」

スポーツ報知
2回2死満塁、桑原将志が先制となる右前2点適時打を放つ

◆JERAセ・リーグ 阪神―DeNA(14日・甲子園)

 桑原将志が先制の2点適時打を放った。2回、先頭の宮崎からソト、大和の3連打で無死満塁の好機を作ったが続く伊藤光、今永が凡退して2死に。流れが悪くなってきた中で「前の打者を何とかカバーしたいと思い打席に向かいました」。カウント2―2からの5球目。外角高め、147キロの速球を逆らわずに右前へゴロではじき返した。「素直にバットを出すことができました」と振り返った。

 7月7日の広島戦(マツダ)から8試合連続安打と好調を持続。13日時点で打率は.318でチームメートの佐野、オースティンに続いてリーグ3位につけている。「前半戦ラストの試合なので、絶対勝てるよう頑張ります!」と頼もしかった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請