【広島】2か月半ぶり3連勝で自力V復活 4安打の西川龍馬に佐々岡監督「意地を見せてくれた」

スポーツ報知
6回、西川龍馬が左翼線二塁打を放つ

◆JERAセ・リーグ 広島8―3中日(13日・マツダスタジアム)

 広島は3試合連続2桁となる15安打を放ち、4月24~27日以来の3連勝を飾った。自力優勝の可能性も復活。2番に入った西川龍馬内野手が今季2度目の4安打を放ち、佐々岡監督は「意地を見せてくれた。いいつなぎ。3、4、5番につながる良い形になった」とたたえた。初回の先制、3回の勝ち越し、5回のダメ押し。すべて西川が好機を作った。

 本来は主軸を任される打者だが、今季は常に打率2割5分前後と不振。最近はスタメンを外れることもあった。この日は打撃フォームのトップの動きと位置を修正して「いい感じでした。これっていう感覚もあったので、続けていきたい」と復調の手応え。後半戦の逆襲のキーマンになる。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請