【西武】7点差から1点差まで追い上げも、今季ワースト借金6 辻監督「あまりにも1、2回の失点が…」

◆パ・リーグ 西武6―7ロッテ(13日・メットライフ)

 西武は序盤2回までの7失点が響き、敗れた。

 先発の松本が荻野の先頭弾など初回に2失点。2回には押し出し四球の後、マーティンに満塁弾を許し、4回今季ワースト7失点でKOされた。

 3回に2点を返すと、5回には中村の右越え8号3ランで2点差とした。

 救援6投手は力投し無失点でつないだ。9回、先頭の代打・岸が5号左越えソロで1点差。2死一塁で中村と、一発が出れば逆転サヨナラのチャンスを作ったが、三振に倒れた。

 9回まで粘りを見せたが、今季ワーストの借金6となり、辻監督は「もちろん、(ロッテ先発の)岩下に対して、1、2回で7点は本当であればアウトって感じですよ。あまりにも1、2回の失点が大きすぎた」と指摘。前半戦最終戦となる14日の同カードについて「どんな形でもいいから勝ちに結びつけたい」と、した。

2回2死満塁、中村 奨吾に押し出し四球を与えた松本航
2回2死満塁、中村 奨吾に押し出し四球を与えた松本航

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請