球宴HRダービーに巨人・岡本、阪神・佐藤輝、ソフトバンク柳田ら8人が決定

スポーツ報知
笑顔の岡本和真

 「マイナビオールスターゲーム2021」(7月16日・メットライフ、17日・楽天生命)のホームランダービーの出場者を選ぶ投票結果が13日、発表された。

 セ・リーグは巨人・岡本和真内野手、阪神・佐藤輝明外野手、ヤクルト・村上宗隆内野手、ヤクルト・山田哲人外野手、パ・リーグはソフトバンク・柳田悠岐外野手、オリックス・吉田正尚外野手、オリックス・杉本裕太郎外野手、ロッテ・マーティン外野手の計8人。

 佐藤輝が最多1万7027票を獲得した。

 各リーグ4人ずつが2試合を通じてトーナメントを戦い優勝者(賞金100万円)を決める。組み合わせは14日に決まる。

 19年は鈴木誠(広島)、18年は筒香(当時DeNA)17年は第1戦、2戦ともに柳田(ソフトバンク)、16年は第1戦が大谷(当時日本ハム)、第2戦がメヒア(西武)が優勝している。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請