【阪神】大山悠輔、劇的サヨナラ打でビショビショ「チーム一丸となって勝ち取った」ヒーローインタビュー全文

9回2死一、三塁、大山悠輔(中)がサヨナラとなる中前適時打を放ち、ナインから手洗い祝福を受ける
9回2死一、三塁、大山悠輔(中)がサヨナラとなる中前適時打を放ち、ナインから手洗い祝福を受ける

◆JERAセ・リーグ 阪神4×―3DeNA(12日・甲子園)

 阪神の大山悠輔内野手が3―3の9回2死一、三塁で初球を中前にはじきかえし、劇的なサヨナラ勝利を飾った。4番として悔しい思いをした中での気合の入った一撃。一塁に到達すると、チームメートから水をかけられ、安どするように笑みがこぼれた。以下は大山のヒーローインタビュー。

 ―深々と一礼しましたね。今の気持ちは

「本当にうれしいです」

 ―スタンドからの大きな拍手はどう届いてますか

「すごく届いていたので、最後までありがとうございます」

 ―みんなで繋いだチャンス、打席前の気持ちは

「打つだけでしたし、いまここには僕一人立ってますけど、本当にチーム全員の勝利だと思うので、きょうの勝利はチーム一丸となって勝ち取った勝利だと思います」

 ―初球は狙っていた

「打つしかないと思っていたので、とにかく振っていこうと思って打席に入りました」

 ―それまで無安打だった

「もちろん悔しい気持ちはありましたし、個人的にもモヤモヤした気分ではありましたけど、まだ試合は終わっていなかったですし、最後は打つと思って打席に入りました」

 ―センターに抜けた瞬間の気持ちは

「勝ったなと。良かったです」

 ―チームから祝福されて

「気持ちよかったです」

 ―4番の一振りで試合を決めた

「大事な場面で打てていないと分かっていたので、本当に最後、大事なところで打てて良かったです」

 ―チームにとって大きな一勝

「本当に大きい一勝だと思っていますし、ここ数試合、チームとして苦しい試合が続いていたので、これで流れが変わるようにまた明日しっかりやっていきたいと思います」

 ―4番・大山の活躍を楽しみにしてる

「頑張ります」

 ―キャプテンとして一言

「本当に大事な2試合だと思っているので、またチーム一丸となって頑張っていきますので、応援よろしくお願いします。ありがとうございました」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請