【楽天】鈴木大地の決勝3ランで2位浮上「最近全然打ってなかったのでホッ」

スポーツ報知
7回1死一、二塁、右越えに3ランを放つ鈴木大地

◆パ・リーグ 楽天9―3西武(11日・楽天生命パーク)

 楽天は鈴木大地内野手(33)の決勝弾で逆転勝利し、2位に浮上した。

 1球で鈴木大が勝負を決めた。3―3の7回1死一、二塁の好機。代わったばかりの武隈の初球のカーブを捉えた。「切れるなと思ってました」。願いは通じ、打球は右翼ポール際に飛び込む勝ち越しの5号3ランとなった。お立ち台では「とにかくチャンスだったので、ここで打ちたいと思って打席に入りました。最近全然打ってなかったのでホッとしています」と笑みを浮かべた。

 試合の流れを左右する重大局面だった。7回は無死二塁の場面で辰己、山崎剛が連続でバントを失敗し、ともに走者を進められなかった。「カバーしたい気持ちはありました」と頼れるベテラン。凡退すれば流れが相手に傾く嫌なムードを払拭した一振りに、石井監督も「あそこで最高の結果が出た。大地が助けてくれた」と最敬礼した。

 12日からはソフトバンクとの3連戦(ペイペイD)が待つ。「前半戦あと3つ。しっかり戦っていきたい」と大地。首位オリックスとは2ゲーム差に迫った。後半戦に向け、福岡で追撃態勢を整える。(長井 毅)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×