【DeNA】「森牧」フレッシュ二遊間コンビでドロー持ち込む 牧秀悟12号2ラン、森敬斗2安打1盗塁

スポーツ報知
8回2死二塁、牧秀悟が左翼へ12号2ランを放つ

◆JERAセ・リーグ 中日5―5DeNA(11日・バンテリンドーム)

 3連敗中のDeNAは、9回2死走者なしから1点を奪って追いつき、ドローに持ち込んだ。アウトになればゲームセットという1点を追う9回2死から今季初スタメンだった森敬斗内野手が、右前安打を放って出塁。プロ初盗塁となる二盗を決めると、佐野の右前適時打で生還した。

 「森牧」のフレッシュ二遊間コンビが、4点差を追いつく同点劇に大きく貢献した。4点を追う8回に宮崎の適時二塁打で1点を返すと、牧が1か月ぶりの12号2ランで1点差に迫った。腰の張りで欠場することもあった交流戦後の初アーチに牧は「打ったのはストレートです。どんな形であれランナーを返すことを意識しました」と納得。三浦監督もルーキーの復調に「よかった。本人も毎日色々考えながら苦労していた」と感慨深そうに振り返った。

 圧巻だったのは1点を追う9回2死走者なし。森のヒットと二盗で好機を作り、佐野のタイムリーで追いついた。森は4打数2安打1盗塁。昨季は2軍監督として指導していた指揮官も「チームにとってもいい刺激になる」とうれしそうだった。

 守っても森牧コンビは、2回に「4―6―3」の併殺を完成。森は、3回先頭の高橋周の三遊間のゴロを逆シングルで捕球すると、矢のような送球でアウトにして強肩も披露した。さらに同点の9回1死満塁では森がゴロを冷静に処理して「6―2―3」の併殺で試合を締めくくった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請