【DeNA】4点差追いつきドロー 三浦大輔監督手応え「諦めなかった結果だと思います」…森敬斗が存在感

スポーツ報知
6回途中、ロメロの交代を告げる三浦大輔監督

◆「JERAセ・リーグ」中日5―5DeNA(11日・バンテリンドーム)

 3連敗中のDeNAは、9回2死走者なしから1点を奪って追いつき、ドローに持ち込んだ。アウトになればゲームセットという9回2死で、「2番・遊撃」で今季初スタメンした森敬斗内野手が、右前安打を放って出塁。プロ初盗塁となる二盗を決めると、佐野の右前適時打で生還した。

 1点リードの6回に5点を奪われ、7回終了時点で1―5と4点のビハインド。8回に宮崎の適時二塁打と牧の12号2ランで1点差に詰め寄り、9回2死走者なしから追いついた。9回裏は、三嶋が1死満塁のピンチを迎えたが、最後は木下拓を遊併打に打ち取ってゲームセットとなった。

 三浦大輔監督は「最後まで諦めなかった。8回の3点、9回2アウトランナーなしから、森が出て佐野がヒット打って返した。よく追いついたと思うし、諦めなかった結果だと思います」とナインをたたえた。今季初スタメンで4打数2安打と存在感を示した森については「成長を感じました。(9回の安打、二盗は)本人にとっても大きな財産になったし、チームにとっても大きな1点になった。チームにとってもいい刺激になる」と笑顔だった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請