新型コロナ感染の松山英樹が全英オープンを欠場 10日時点で依然として陽性

スポーツ報知
松山英樹(ロイター)

 男子ゴルフの東京五輪代表の松山英樹(LEXUS)が体調不良のため、15日開幕のメジャー、全英オープン(英国)を欠場するとマネジメント会社が11日、発表した。

 松山はロケット・モーゲージ・クラシック開催中の2日、新型コロナウイルスのPCR検査で陽性となり、同試合を棄権していた。マネジメント会社の発表によれば、松山は米国内の自宅に戻り静養を続け、体調が快方に向かっている一方で、PCR検査の結果は10日時点で依然、陽性判定が出ていることが明かされた。

 現在のコンディションや、英国への渡航に関する問題を踏まえ、出場エントリーを取り消すことになり、現在も米国の自宅で安静に過ごし、回復に努めているという。

 また、マネジメント会社は「メジャートーナメントの欠場が残念でなりませんが、今後も感染拡大防止と安全対策を徹底してまいります」としている。

 29日からは金メダルが期待される東京五輪(埼玉)が控えているが、五輪出場にも暗雲が漂っている。

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×