【福島5R・2歳新馬】新種牡馬のトーセンレーヴ産駒初V トーセンクレセント「センスがある」木幡初也騎手

スポーツ報知
快勝したトーセンクレセント

 7月11日の福島5R・2歳新馬戦(芝2000メートル=11頭立て)は、3番人気のトーセンクレセント(牡2歳、美浦・武市康男厩舎、父トーセンレーヴ)が2馬身差で快勝した。勝ちタイムは2分5秒4(稍重)。新種牡馬の父トーセンレーヴにとって、うれしい産駒初勝利となった。

 序盤は包まれて窮屈な競馬となったが、向正面で抜け出すとグンとスピードアップ。4コーナーで早め先頭に立つと、そのまま脚を伸ばして2馬身差で押し切った。稍重発表だが、前日からの雨による影響で力の要る馬場。これに苦戦する馬が多かったが、「攻め馬で動いていたし、大跳びでパワーがあるので、こういう馬場は合っていると思っていた」と木幡初也騎手。「内の開いたところを抜けて、しっかり伸びた。センスがある」と素質を高く評価した。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請