【DeNA】東克樹が2軍でトミー・ジョン手術から688日ぶり登板 外野は戸柱、東妻、嶺井の捕手3人

スポーツ報知
東克樹 

◆イースタン・リーグ DeNA―ロッテ(11日、平塚)

 DeNAの東克樹投手が11日、イースタン・ロッテ戦(平塚)で今季初登板を迎える。

 20年2月に左肘の内側側副靱帯再建術(通称トミー・ジョン手術)を受けた東。2019年8月23日の巨人戦(東京D)以来、688日ぶりの実戦復帰となった。18年に11勝を挙げて新人王に輝いた左腕が、ようやく復帰へ向けて実戦に戻ってきた。

 故障者が続出している影響で、2試合連続で指名打者は使えず。外野は左翼から戸柱、東妻、嶺井と捕手登録選手3人が並んだ。スタメンは以下の通り。

 【DeNA】

1(二)伊藤裕季也

2(中)東妻純平

3(左)戸柱恭孝

4(右)嶺井博希

5(三)小深田大地

6(一)デラロサ

7(捕)益子京右

8(遊)田部隼人

9(投)東克樹

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請