【ヤクルト】内川聖一がサヨナラ打「気持ちが悪くなるくらい緊張した」

スポーツ報知
9回1死満塁、代打・内川聖一が中前にサヨナラ適時打を放つ

◆JERAセ・リーグ ヤクルト4―3広島(9日・神宮)

 ヤクルトが劇的なサヨナラ勝ちで、対広島戦の連勝を8に伸ばした。

 1点を追う9回に無死一、三塁の好機を作り、代打・川端が中前へ同点適時打。その後1死満塁と好機を広げ、最後は代打・内川がカウント1―2から外角の変化球を捉えて中前へ運ぶサヨナラ打で試合を決めた。

 ナインからの祝福を受けた内川は、大きな歓声を浴びながらお立ち台へ。「僕がやるしかないと腹をくくって打席に入った。気持ちが悪くなるくらい緊張した」と振り返り、「ここに立つ日がくるなんて思ってもなかった。うれしすぎて、ほかに言うことはない」と笑顔を見せた。

 ▽川端(9回無死一、三塁で代打で登場。中前へ同点適時打)「9回が始まる前からしっかり準備していたので、いい準備の中で打席に入ることができた。抜けてくれと思って走っていたので、抜けてくれて良かった。今日の逆転勝ちは大きいし、明日につながる」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請