【ソフトバンク】首位オリックスに惨敗 4月5日以来の借金生活

オリックスに敗れて肩を落とすソフトバンクナイン
オリックスに敗れて肩を落とすソフトバンクナイン

◆パ・リーグ ソフトバンク0―8オリックス(9日・ペイペイドーム)

 ソフトバンクが首位オリックスに大敗した。Bクラスに沈むタカが、チーム状況の差を見せつけられ、4月5日以来の借金生活に転落。工藤監督は「(勝率5割からの)リスタートと考えれば、最初の試合で負けましたということなので。あした取り戻すと言うところです」と前を向こうとした。

 5回1死二塁で登板した田浦が、吉田正に右前に適時打を浴び4点目を失ったが6回も続投。だが、先頭のTー岡田に右越えソロを献上と、左腕が左打者に痛打された。7回2死一、三塁ではTー岡田に対し松本の続投を選択したが、バックスクリーンに3ランをたたき込まれた。継投が後手後手になり4被弾で8失点。「見直さないといけないかな、というところはある」と配球を含め反省を求めた指揮官。打線も散発の7安打で無得点と投打とも全くかみ合わなかった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請