【DeNA】移籍後初登板有吉優樹を三浦大輔監督絶賛「持ち味を出して我慢強く投げてくれた」…黒星も7回途中2失点

先発の有吉優樹
先発の有吉優樹

◆「JERAセ・リーグ」中日3―1DeNA(9日・バンテリンドーム)

 セ・リーグ5位のDeNAが、1・5ゲーム差で追う4位・中日に競り負けて2連敗。ロッテから移籍後初登板初先発だった有吉が7回途中2失点と好投したが、打線が5安打1得点に終わった。

 最後の最後で踏ん張りきれなかった。有吉は2回に先取点を献上したが、3回途中から6回まで11者連続アウト。立ち上がりは苦しんだが、右肩上がりに調子を上げて、6回には佐野の同点打で追いついた。だた、同点の7回。先頭の木下拓に勝ち越しのソロを左翼席に運ばれて移籍後初勝利は消えていった。

 6回2/3で96球を投げ、8安打2失点。「移籍後初登板ということで緊張はありました。今日の投球を振り返ると自分の持ち味であるテンポの良さを存分に出せ、光さん(伊藤)のリードや野手の皆さんに助けてもらいました。中盤の3イニングは三者凡退で抑えることができたのですが、7回の本塁打は悔やまれます」と振り返った。

 先発投手陣のやりくりに悪戦苦闘する中、クオリティースタートで試合を作った右腕を、三浦大輔監督は「自分の持ち味を出して、我慢強く投げてくれたなと思います。ヒットは打たれたけど、ゴロヒットで高さは我慢しながらよく踏ん張ったと思います。先発としてしっかりゲーム作ってくれてよく7回まで行ってくれたと思います」と絶賛。後半戦へ向けても「今日いいピッチングをしてくれた。今後楽しみだと思って見ていますし、みんなチームメートでありながらライバルなので、後半戦のローテーションも視野に入れて考えていきたいです」と期待していた。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請