【DeNA】4位・中日に競り負けて2連敗

スポーツ報知
7回無死、木下拓哉(左)に本塁打を打たれ、有吉優樹はマウンドでがっくり 

◆「JERAセ・リーグ」中日3―1DeNA(9日・バンテリンドーム)

 セ・リーグ5位のDeNAが、1・5ゲーム差で追う4位・中日に競り負けて2連敗。中日との差は2・5ゲーム差に広がって、11日までの3連戦での4位浮上はなくなった。

 先発のマウンドに上がったのは6月に国吉とのトレードでロッテから加入した有吉。移籍後初登板初先発の立ち上がりは苦しんだ。初回は2安打を浴びながら無失点で切り抜けたが、2回に先取点を献上。先頭の福留から3者連続安打を浴びて無死満塁のピンチを背負うと阿部に中犠飛を許した。

 だが、有吉は右肩上がりに調子を上げた。3回も1死から大島に中前安打を許したが、そこから6回まで圧巻の11者連続アウト。丁寧な制球で中日打線を翻弄して味方打線の援護を待った。

 強力DeNA打線は、中日先発・小笠原の前に沈黙。2回に宮崎、3回に大和が安打を放ったが後続が倒れて本塁が遠かった。ようやく打線がつながったのは、1点を追う6回。桑原の二塁打などで2死三塁の好機を作ると、佐野が三遊間を破る左前適時打を放って追いついた。逆方向にしぶとい打撃を見せた主将は「ストレートを上手く捉えることができました。何とかランナーを還すことができ嬉しいです」とうなずいた。

 移籍後初登板初勝利へ踏ん張りたい有吉だったが、同点の7回に先頭の木下拓に勝ち越しの7号ソロを被弾。7回2/3で96球を投げて8安打2失点と試合を作りながら1点ビハインドでマウンドを降り、白星を逃した。ベンチに戻る際には三塁、左翼のDeNAファンから大きな拍手が送られた。

 1点を追う8回は2番手・又吉の前に3三振を喫するなど無安打無得点。8回裏には2連投となったシャッケルフォードが無死一、三塁でビシエドに痛すぎる左犠飛で追加点を許してリードを2点に広げられた。9回は、守護神のR・マルティネスの前に3番・佐野から始まる好打順だったが、追いつくことは出来なかった。

 ▽有吉(移籍後初登板で7回途中2失点の好投も敗戦投手)「移籍後初登板ということで緊張はありました。今日の投球を振り返ると自分の持ち味であるテンポの良さを存分に出せ、(伊藤)光さんのリードや野手の皆さんに助けてもらいました。中盤の3イニングは三者凡退で抑えることができたのですが、7回の本塁打は悔やまれます」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請