【ヤクルト】原樹理が10日広島戦で今季初先発「自分のできることを精いっぱいやるだけ」

スポーツ報知
ヤクルトの原樹理投手が10日の広島戦(神宮)で今季初登板初先発

 ヤクルトの原樹理投手が10日の広島戦(神宮)で今季初登板初先発する。当初、同戦に登板予定だった小川が8日に新型コロナウイルス陽性判定を受けたため、その代役として白羽の矢が立った。

 原は今季、春季キャンプ1軍スタートも開幕前に2軍に降格。2軍では12試合に登板して1勝5敗、防御率3・62をマークし、前回登板となった1日のイースタン・リーグ、楽天戦(森林どり泉)では、9回を7安打1失点で完投勝利と状態は上向きだ。

 この日は神宮外苑でキャッチボールなどを行って最終調整。「自分のできることを精いっぱいやるだけ。少しでも状態が良くなるように、そこだけを考えてやってきた」と意気込んだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請