大島康徳さん 緩和ケア病棟で亡くなっていたことを夫人が明かす…「強くて優しくて見事な旅立ち方」

大島康徳さん
大島康徳さん

 6月30日に大腸がんのため都内の病院で亡くなった元プロ野球選手、監督で野球評論家の大島康徳さん(享年70歳)の公式ブログが9日に更新され、奈保美夫人が大島さんが亡くなった日の様子などについてつづった。

 奈保美さんは「旅立った日のこと」のタイトルで記事をアップ。まず「野球人として生きた自分 だから、シーズン中の今は球界の皆様にも野球に関連するお仕事に携わる皆様にもご迷惑をかけたくない」という故人の思いやコロナ禍などを考慮し、近親者のみの葬儀になったと説明した。

 その上で「あの日のこと…実は、主人は病院に入院していました。大学病院ではなく緩和ケア病棟(ホスピス)でした」と、明かした。そして「入院3日目の朝5時頃『呼吸に変化が出始めました。すぐに来て下さい』と病院から連絡がありました」。家族が駆けつけ、「…二時間半くらい経ったでしょうか そこから段々と呼吸がゆっくりになり そのまま静かに本当に静かに眠るように旅立ちました」と明かした。

 「見送る私たちを最後まで笑顔でいさせてくれるなんて…なんて強くて優しくてなんて見事な旅立ち方なのでしょう。天命を見事に全うするそのとても尊い瞬間を私と息子に身をもって見せてくれた私たちはそう思っています」と奈保美さん。「パパ、ありがとう。私たちはあなたの家族になれて幸せでした」と感謝をつづった。

 また大島さんのブログについては「もうここで完結すべきと、結論を出しました」としたが、「まだまだお伝えしたい主人の言葉も私たち夫婦のガンという病気や緩和ケアについての思い等もございます」と別の形で続けることを検討していることを明かした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請