天海祐希主演「緊急取調室」新シリーズは初回視聴率14・7%で好発進

スポーツ報知
天海祐希

 女優の天海祐希が主演するテレビ朝日系連続ドラマ「緊急取調室」(木曜・午後9時)が8日スタートし、初回の世帯平均視聴率が14・7%だったことが9日、分かった。個人視聴率は7・9%だった。

 警視庁捜査1課の「緊急事案対応取調班」(キントリ)所属の刑事らが、容疑者の犯行動機に迫るシリーズ。2019年以来、2年ぶりのシーズン4に突入した。

 初回は、国土交通副大臣・宮越肇(大谷亮平)の汚職疑惑の真相を明らかにすると宣言し、宮越が乗った飛行機でハイジャック事件を起こした活動家・大國塔子(桃井かおり)。しかし、塔子が機内に持ち込んだという爆弾を確かめたキントリの取調官・真壁有希子(天海)は、爆弾が偽物だと確信。本物の爆弾は“汚職の証拠”だったのではとにらみ…という展開だった。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請