【西武】今季2度目の5連敗で前半戦借金ターンが確定 「打線が奮起しないと」と辻発彦監督

スポーツ報知
選手交代を告げベンチに戻る辻発彦監督

◆日本ハム2―1西武(7日・旭川)

 西武が今季2度目の5連敗で、借金は今季最多の5となった。東京五輪による公式戦中断まで4試合を残し、前半戦借金ターンが確定した。

 8回1安打無失点だった1日のソフトバンク戦(ペイペイD)に続き、2戦連続で中5日の先発だった高橋光成投手は、7回まで6安打2失点と粘りの投球。しかし、打線は5回に2死から外崎修汰内野手と源田壮亮内野手の連打で1点を返しただけで、計9残塁と決定力を欠いた。

 前夜のサヨナラ負けに続いて接戦を落とした辻発彦監督は「チャンスをものにできず、昨日、今日と投手に悪いことをした。打線がもっと奮起して投手を助けないと」と、悔しそうに敗戦を振り返った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請