【DeNA】山崎康晃同点打浴びまさかのドロー 5回3点リードも逃げ切り失敗、4位浮上も逃す

スポーツ報知
山崎康晃

◆「JERAセ・リーグ」広島3―3DeNA(7日・マツダスタジアム)

 DeNAが、3点差を追いつかれて引き分けに終わった。両軍無得点の4回に佐野恵太外野手の2試合連続8号ソロ、ソト内野手の14号2ランで3点を先取。先発の今永昇太投手が6、7回にソロを1発ずつ浴びて1点差に迫られると、8回に3番手・山崎康晃投手が同じ侍ジャパン戦士の菊池涼介内野手に右前適時打を浴びて追いつかれた。

 DeNAが一発攻勢で序盤の主導権を握ったのは、両軍無得点の4回だった。先頭の佐野が、広島先発・九里の外角に沈むチェンジアップをうまく左翼ポール際に運び1点を先制。前日(6日)の決勝2ランに次ぐ2試合連続弾に佐野は「落ち球を上手く捉えることができました。今永さんが頑張っていたので先制点を挙げることができ良かったです」と自画自賛だった。さらにソトも1死一塁から左翼へ弾丸ライナーで2ランを放ち「カンペキ!(日本語)打球が低かったので正直スタンドまで届くか分からなかったですが、本塁打という最高の結果となり嬉しいです」とうなずいた。

 先発の今永が粘投を見せた。3者凡退は1、4回だけだったが、5回までは無失点投球。打線は6回の無死満塁、7回の2死二、三塁と好機を作りながら無得点。追加点を奪えない重苦しい空気になると、3点リードの6回に先頭の代打・中村奨にソロを浴び、7回も先頭の鈴木誠にソロを許し1点差に迫られた。今永は7回無死一塁で降板。後続を2番手・エスコバーが抑えて追いつかれることはなかった。

 だが、1点リードの8回。3番手の山崎が先頭の代打・安部に四球を与えるなど1死二塁のピンチを背負うと、同じ侍ジャパン戦士の菊池涼に右前適時打を浴びて追いつかれた。山崎の失点は6月6日のロッテ戦(横浜)以来、約1か月ぶりで登板8試合ぶりだった。同点の9回は新人ながら侍ジャパンに選出された栗林の前に3者連続三振。勝てば4位浮上だったが、あと一歩及ばなかった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請