馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  新潟 函館

良血続々と(美浦)

 こんばんは、坂本です。今週は久々の美浦トレセン取材で蒸し暑さに参っております。

 しかし今朝は大雨を覚悟していましたが、あまり降られずにすみました。前夜からスマホがふやけるほどお天気情報をじっくりと眺めていましたが、やはりこの時期らしく状況は刻々と変化していくんですね。週末のレース当日も同様と思うと、やはりこの時期はお天気予想も難しいポイントだとしみじみ痛感します。しかし雨予報が外れるのは大歓迎です(笑い)。

 それではぼちぼち本題へ。まず国枝厩舎には、良血馬が多く入厩してきていますね。【ウィズグレイス(牝、父ディープインパクト、母カラライナ)】は、今日が1本目のWコースでの追い切りでした。「脚が長くて、いいよね。だいぶしっかりしてきた。気持ちも前向きでいい」と国枝調教師。このまま進めていく場合には、新潟あたりでのデビューも視野に入ってきそうです。3月にゲート試験を合格している【ラコンタール(牡、父ロードカナロア、母リュラ)】は、「良くなってきている。気持ちも乗ってきている。様子を見ながら」と評価。新潟デビューのイメージとのことです。【フォーグッド(牡、父ディープインパクト、母ウィキッドリーパーフェクト)】は、15年のホープフルSを制したハートレーの全弟。「距離は1600から1800Mくらい。もう少し前向きさがほしいかな」と、まだデビュー時期は未定とのことです。スワーヴリチャードの半妹の【ルナソル(牝、父ロードカナロア、母ピラミマ)】は、7月1日にゲート試験に合格して放牧へ。【エリカヴィータ(牝、父キングカメハメハ、母マルシアーノ)】も素質を評価しながら、現時点では「まだ芯がしっかりしていない」と、放牧で成長を促すようです。また東京デビューを予定しながら、ひと頓挫あった【パラレルヴィジョン(牡、父キズナ、母アールブリュット)】は、軽い骨折が判明した模様で、国枝師は「(デビューは)秋になると思う」と見通しを語っていました。

 次は林厩舎にいきましょう。先週の福島で新馬勝ちをした【ウィリン(牝、父スクリーンヒーロー)】は、逃げ切りの圧勝で期待通りの勝ちっぷりでした。林調教師は「できれば(1200Mから)距離を延ばしていきたいですね。これだけの勝ち方をしてくれたので、オーナーサイドにご相談をさせていただいたうえで(次走を)決めていきたいです」と、喜びが伝わってきました。また入厩している新馬では、【レモンシャーベット(牝、父ブラックタイド、母キャレモンショコラ)】が、先週ゲート試験で合格しています。林師は「母の父のサクラバクシンオーが色濃く出ているのか、俊敏な軽いタイプなのかなと思います」と評価しています。ここから進めていくのかも含めて未定ですが、いいスピードがありそうですね。【ホノノディーヴァ(牝、父ドゥラメンテ、母テスタオクローチェ)】は、来週の7月17日の福島新馬戦(牝馬限定、芝1800M)に内田騎手でデビュー予定です。「力強いタイプで、本質的にはダートかもしれませんが、坂路でもいい動きをしています」と、順調な仕上がりがうかがえました。

 それでは今日のところはこのへんで。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請