【中日】梅津晃大、尊敬する松坂大輔の引退に「番号に似合う活躍ができるように」18番での活躍誓う

中日・梅津晃大投手
中日・梅津晃大投手

 7日に現役引退が発表された西武・松坂大輔投手。2018、19年と2年間在籍した中日でも影響を受けた選手は多く、3年目の梅津晃大投手もその一人だ。

 今年から松坂も背負った背番号18をつける右腕は「僕がプロ野球を目指すきっかけを与えてくれた人でもあり、小さい頃、1番の憧れでした。ドラゴンズで1年間一緒に野球をやらせてもらい、本当に貴重な時間でした」と球団を通してコメントした。

 梅津はルーキーイヤーに初勝利した時、思い切って松坂にグラブをおねだりした。そして19年オフに松坂が球団を去る際、サイン入りで受け取り、今では自宅に大切に飾ってある。20年の契約更改で球団から背番号18を打診された時は真っ先に松坂のことを思い浮かべ、LINEで「18番をつけさせていただきます」報告をした。

 今季はここまで3試合0勝1敗で、現在は2軍調整中の梅津。「松坂さんの後に18番を背負わせてもらい、まだまだ力不足で結果を残すことができていませんが、これから番号に似合う活躍ができるように頑張りたいです」と復調を目指す。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×