【DeNA】入った? 入ってない? オースティンが困惑の同点18号2ラン「スタンドまで届くかわからなかった」

スポーツ報知
オースティン

◆「JERAセ・リーグ」広島―DeNA(6日・マツダスタジアム)

 DeNAのタイラー・オースティン外野手が、センターバックスクリーン右に18号同点2ランを放った。

 0―2で2点を追う4回2死。佐野が、広島先発・大瀬良からチーム初安打となる右前安打を放って出塁すると、オースティンが見逃せばボールかという高めの148キロを中堅右に運んだ。スタンドインしたボールが跳ね返ってグラウンド内に戻ってきて中堅手・野間がキャッチ。二塁を回ったオースティンは困惑した表情で一度はスピードを緩めたが、柵越えを確認すると、ゆっくりと本塁まで戻ってきた。

 東京五輪の米国代表入りした助っ人の3試合ぶりで10打席ぶりのヒットが、豪快な同点弾。勝てば4位浮上の可能性もある前半戦最後の9連戦初戦での一発に「良い感触で捉えることができました! 打球が低かったのでスタンドまで届くかわからなかったですが、本塁打になり良かったです」とうなずいていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請