丸川珠代五輪相、無観客でも五輪ファミリー“別枠”報道に「議論されているわけではございません」

スポーツ報知
丸川珠代五輪担当相

 丸川珠代五輪相は6日、閣議後に会見。11日までの期限で東京都などに出されている新型コロナウイルス対応のまん延防止等重点措置が五輪期間中も延長される可能性が高まっていることを受けた観客数の対応について「措置内容を踏まえた対応を基本とする。緊急事態宣言の場合には無観客もありえるとこれまでも明言している。(8日にも開かれる)5者協議で協議する」と強調した。

 政府や大会組織委では5000人超の開閉会式や大規模会場と午後9時以降のセッションを無観客とする方向で調整している。その場合でもIOCやスポンサー関係者などの五輪ファミリーは“別枠”で入場を認めると一部で報じられたが、丸川大臣は「報道については承知しているが、具体的な案について何か議論されているというわけではございません。5者協議に向けて、それぞれの考えの中で議論されると承知している」と話すにとどめた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請