【巨人】桜井俊貴 スリークオーター 新投法で宮崎斬り! ピンチで登板し無失点に抑える

2番手で登板した桜井俊貴
2番手で登板した桜井俊貴

◆JERAセ・リーグ DeNA3―2巨人(4日・神宮)

 桜井が新しい姿を披露した。1点ビハインドの5回2死三塁。3回に逆転2ランを放った宮崎を迎えたところでマウンドへ上がり、カットボールで右飛に打ち取りピンチをしのいだ。6回も続投し、1回1/3を1安打無失点と好投した。

 これまではオーバースローだったが、KOされた6月23日のイースタン・ヤクルト戦(G球場)で、球の出所が打者に見えている状態だったと分析。体の開きを抑えるため、腕を下げるスリークオーター気味のフォームにした。1週間と短期間でブルペンで何度も投げ込み、新スタイルで臨んだ30日の同・ロッテ戦(G球場)で6回無失点と快投。1軍昇格のチャンスをつかんだ。

 前半戦はこの日を含めて残り9試合。首脳陣は経験がある桜井と今村を中継ぎで起用した。原監督は桜井について、「なかなか良いと思いますよ」。今年は1軍で思うような結果が出せてない右腕だが、ここからはい上がってみせる。

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請