PUFFY25周年変わらずいい感じ…亜美「ずっと楽しい」、由美「楽ですね。ずっと」

スポーツ報知
デビューから25年がたち、ますます仲むつまじいPUFFYの吉村由美(左)と大貫亜美

 女性デュオ「PUFFY」が、今年5月にデビュー25周年を迎えた。1996年の「アジアの純真」から「これが私の生きる道」や「渚にまつわるエトセトラ」などヒット曲を連発。アジアや北米ツアーを契機に世界的な人気を得た現在も、関係性や距離感は変わらない。“二人三脚”で駆け抜けた四半世紀を振り返るとともに、2人の生きる道と未来を聞いた。(田中 雄己)

 窓際に並んだ椅子に座った2人は、質問の度にお互いの顔を見つめ合った。「そうだっけ?」「そうだよね」。長年、連れ添った夫婦のようでもあり、親友のようでもある。両者の間に流れる空気こそ、25周年の「PUFFY」を表していた。

 96年、奥田民生(56)がプロデュースした「アジアの純真」でデビューした後も「これが私の生きる道」などヒット曲を連発した。“脱力系”とも言われた振り付けやファッション。そして、自然体なキャラクターに、一度聴いたら忘れられない歌声と歌詞。“時の人”となり、分刻みのスケジュールに追われた当時、2人に記憶はない。

 吉村由美(以下、由)「右も左も分からなくて。毎日を消化することで手いっぱいで」

 大貫亜美(以下、亜)「あの頃は余裕ぶっていましたけど、絶対余裕じゃなかったよね」

 由「皆が自分たちのことを知ってくれているんですけど、実力が追いついていなくて。怖いとか緊張が勝って、ライブを楽しめるまで時間がかかった」

 亜「舞台袖から出た後に、引っ込んでくるまで記憶は全くなくてね」

 沸騰した人気は海を越えた。98年に台湾や香港で、02年には北米ツアーを行い、2人を描いたアニメ「Hi Hi Puffy AmiYumi」(04年)は世界110か国以上で放送された。忙しさは相変わらずだったが、米国進出が2人に変化を生んだ。

 亜「現地の人は多分どっちが亜美でどっちが由美かも分からない状態だったと思うけど、たくさんノッてくれて。キャラクター関係なしに楽曲を評価してくれて。照明が来ないとか大変なことばかりだったけどね(笑い)」

 由「少し余裕が生まれて、初めて客観的に見られた気がした。でもトラブルしかなくて、日本では恵まれていたことに気がついたよね」

 異国の地で得た確かな自信。その一方で、今もステージ上は特別だ。25周年を迎えた今年6月。初めてライブを行った神戸チキンジョージのステージに立った。

 亜「すごく緊張して。毎回、同じ曲を同じ順番で歌うなら慣れるんでしょうけど」

 由「話したことは…やっぱり覚えていないですね」

 四半世紀を駆け抜けても変わらない2人。その関係性も初対面から変わらない。

 亜「半年遅れで、由美ちゃんが事務所に入ってきてね。カワイイ子が入ってきたうわさは聞いていて。ある日、事務所の机に座っているのを見て『絶対にこの子だ、カワイイ』って」

 由「亜美ちゃんは『あ、オシャレな子』だなって。都会の子っていう感じでした」

 初対面から2年後。デュオを結成した。その時の思いは、今も覚えている。

 亜「ずっと一緒にいたいって。すごいカワイイと思ったら、中身もメッチャかわいくて。毎日会いたかったです。そっちはどうなの?」

 由「表に出ると『しっかりしているね』って言われるんですけど、実際は末っ子みたいに自由にさせてもらっていて。ずっと頼っていますし、居心地いいです」

 デビュー直後。奥田との会話から2人の間に唯一とも言えるルールが生まれた。

 由「亜美ちゃんが聞いたよね。『つまらないと思ったらどうしていますか』って」

 亜「民生さんは『自分で楽しいに変えればいいんだよ。音楽は本当に楽しいから、お前らにそれを教えてやるんだ』ってね。じゃあ、楽しいに変えよう。それでもダメなら、どちらかが楽しくないとなったらやめようと」

 由「しっかり産休育休とか頂いたりしちゃったし、そこで気持ちが切り替わってね」

 亜「しかし、民生さんには、いつか褒められるかな」

 由「褒められたいよね」

 亜「おじさんって、涙腺緩くなるじゃないですか。数年前に一度、『良かったよー』って言ってくれたことがありましたけど。それはカウントしないと言われて」

 由「褒められたらダメだよね。終わりが近づいてきている気がする。どちらかが死に近づいてきているような(笑い)。でも、原動力になっているよね」

 亜「ずっと背中を追いかけているかもしれないです」

 9月22日には10年ぶりのアルバム「THE PUFFY」をリリースする。これからも“二人三脚”は続く。

 亜「こんなに一緒にいても、まだツアー先の部屋、一緒でいいなって思うくらいですもん。仕事に行くのが嫌にならないのは、多分一緒にいて楽しいからだと思う。『また今日もしゃべっちゃお』って。ずっと楽しいまんまですね」

 由「キモい(笑い)。でも、長い年月をかけて理解が深まっているので。楽ですね、ずっとずっとずっとずっと」

 ◆PUFFY(パフィー) 大貫亜美(1973年9月18日、東京都生まれ。47歳)、吉村由美(1975年1月30日、大阪府生まれ。46歳)の2人組。96年に奥田民生プロデュースの「アジアの純真」でデビュー。2002年に北米でもCDデビュー。20周年の16年にはNHK紅白歌合戦に初出場。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請