【社会人野球】今秋ドラフト候補のNTT西日本・藤井健平は4打数1安打 セガサミーに1点差負け

NTT西日本の藤井健平は、5回無死二塁で、一塁へ内野安打を放った
NTT西日本の藤井健平は、5回無死二塁で、一塁へ内野安打を放った

◆第46回社会人野球日本選手権大会 ▽1回戦 セガサミー6―5NTT西日本(2日・ほっともっとフィールド神戸)

 今秋ドラフト候補のNTT西日本(大阪)・藤井健平右翼手は4打数1安打。「うまくリードされた」と脱帽した。9大会連続出場の強豪はセガサミーに(東京)に1点差で敗れ、3大会連続の初戦突破とはならなかった。

 5回無死二塁から、一塁へのバント安打で出塁すると、さらに盗塁に成功する。好機を広げ、浜田祥伍遊撃手の左前2点打を呼び込んだ。しかし、1点を追う最終回、1死で空振り三振に倒れた。2回2死一、二塁での右前安打では自慢の強肩を発動したが、惜しくも二塁走者を刺せなかった。「あれは絶対に刺さないといけなかった」。前回の都市対抗準々決勝で2―7で敗れた相手に、リベンジを果たせなかった。

 昨年の都市対抗では若獅子賞(新人賞)を受賞した。今大会では「持ち味は出せなかった」と藤井。秋の都市対抗では、三度目の正直を狙う。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請