【社会人野球】セガサミーのドラフト候補・横山楓が最速151キロで大会記録に迫る5者連続奪三振

セガサミーの横山楓
セガサミーの横山楓

◆第46回社会人野球日本選手権大会 ▽1回戦 セガサミー6―5NTT西日本(2日・ほっともっとフィールド神戸)

 5大会ぶり5度目出場のセガサミー(東京)が、NTT西日本(大阪)に競り勝ち、初戦を突破した。

 今秋ドラフト候補の最速152キロ右腕・横山楓が5―3の5回1死一塁から2番手で登板。モヤがかかる中で、大会記録まであと1に迫る5者連続三振を奪うなど、3回2/3を2安打2失点で5大会ぶりの勝利に貢献した。「打者の反応を見て、空振りが取れると思った。流れを持ってこようと、最初から三振を狙いにいった」と、巨人のスピードガンでMAX151キロを計測した。

 昨年1月に就任した元広島外野手の西田真二監督は、日本選手権初勝利を挙げた。NTT西日本を昨年の都市対抗大会準々決勝に続いて破り「PL学園の後輩(NTT西日本の大原周作監督)に勝たせていただきました」とニヤリ。10日の2回戦は日本新薬(京都)との対戦で「関西勢をたたきたい」と、意気込んだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請