中村鴈治郎が新型コロナ濃厚接触者認定で松竹座「七月大歌舞伎」を12日まで休演

スポーツ報知
中村鴈治郎

 歌舞伎俳優の中村鴈治郎が2日、新型コロナウイルス感染症の濃厚接触者として認定され、3日に大阪松竹座で開幕する「七月大歌舞伎」(18日まで)の、昼の部「伊勢音頭恋寝刃(いせおんどこいのねたば)」、夜の部「恋飛脚大和往来 新口村(こいびきゃくやまとおうらい にのくちむら)」を12日まで休演すると、松竹が発表した。

 鴈治郎は、歌舞伎座「六月大歌舞伎」で共演していた中村亀鶴が、千穐楽公演以降にPCR検査を受検したところ、6月30日に陽性が判明。当該保健所による調査の結果、濃厚接触者と認定されたという。医療機関ですでにPCR検査を実施し「陰性」の判定を受けた。現在、体調の変化もなく健康な状態だが、当該保健所の指導に従い、12日までの出演を取りやめることになったという。

 松竹では「今後も健康状態の経過観察を行うと共に、当該保健所の判断に従い、随時、必要な対応をして参ります」とコメントした。なお、代役は昼の部「伊勢音頭恋寝刃」油屋お鹿を片岡千壽、夜の部「恋飛脚大和往来 新口村」亀屋忠兵衛/父孫右衛門を中村扇雀、傾城梅川を中村壱太郎が演じると発表した。13日以降は改めて知らせるという。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請