【DeNA】11年ぶりにファン投票、選手間投票で球宴選出選手なし…セ唯一で親会社変更後は初めて

スポーツ報知
横浜DeNAベイスターズの球団旗

 「マイナビオールスターゲーム2021(7月16日・メットライフ、17日・楽天生命)」の選手間投票の結果が1日、発表され、DeNAの選手は選出されなかった。

 ファン投票、選手間投票でともに選出選手が1人もいなかったのは、2010年以来チームでは11年ぶり。親会社が変更してチーム名が「横浜DeNAベイスターズ」になった12年以降では10年目で初めてとなった。セ・リーグでは巨人、中日もファン投票での選出選手がいなかったが、選手間投票で中日は柳とビシエド、巨人は坂本、岡本和、ウィーラーが選出された。

 尾花監督が指揮を執った10年は、優勝した中日と32ゲーム差、5位・広島と10・5ゲーム差をつけられて3年連続最下位。球宴に出場したのは監督推薦による山口俊投手(現巨人)のみだった。今季のファン投票では、新人だった15年から19年まで5年連続(20年は球宴なし)ファン投票で選出されていた山崎が、中継ぎ投手部門で阪神・岩崎に約1万3000票差の2位で選出を逃していた。選手間では3人が選出される外野手部門で佐野が3位の巨人・ウィーラーに14票差で競り負けた。

 監督推薦による全出場選手は5日に発表される。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請