【藤原義雄の南紀直送便】田子の磯で梅雨グレ全員安打

 梅雨グレ本番だ。脂がのっておいしく、引きが強い尾長グレを狙おうと6月24日、釣友3人と串本町田子の磯に出掛けた。

 海は波がざわつき、適度にサラシがあった。おまけにそよ風が吹いて、この時期特有のムシムシ感はなく心地よかった。

 田子の磯は完全予約制。あらかじめ予約しておいた「地のカッサキ」に4人で上陸した。一番沖の先端にAさん、次に私、そしてBさん、Cさんと順番に並んでスタート。

 この田子では「遠く浅く」が、良型を仕留めるコツ。20メートル先にまき餌を数杯まき、タナ1ヒロの仕掛けをかぶせると、いきなり1投目から竿を引ったくるアタリ。20センチの木っ端尾長が食ってきた。この距離で、このサイズでは先が思いやられた。

 案の定、2時間近く同サイズの尾長から洗礼を受け続けた。納竿まで時間が長いので、このままでは体力が持たない。朝食を取り、いったんまき餌を絶った。

 休憩すること30分。再び開始すると、釣れる尾長グレは28~35センチとサイズアップ。さらに、全く食わなかった口太グレ35~40センチも数尾食ってきた。先端の釣友も頻繁に竿を曲げ、型が良いのか何度もタモ入れをしていた。さあ、面白い展開になってきたぞ!

 しかし、あれほど食っていたのに急に餌が残りだして全く釣れなくなった。あの手この手を繰り出しても、頑として刺し餌は取られなくなってしまった。そう、いくら梅雨グレといってもグレ釣りは、そんな甘いものじゃない。

 静かな時間が長く続いたが、納竿1時間前の午後2時頃から再びスイッチオン。口太グレの38センチ前後を数尾釣って午後2時40分、磯を清掃して竿を納めた。

 釣果は結局、口太グレ36~41センチ7尾と尾長グレ28~35センチ20尾。もちろん全員安打で、釣友のAさんは私の倍ほど釣っていた。

 釣った尾長グレは、すべて干物にした。太陽とそよ風が、脂の乗ったグレをさらにおいしくしてくれた。

 ※毎月第1木曜日に掲載。

藤原さんが仕留めた良型グレ
藤原さんが仕留めた良型グレ

ライフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請