「なぜ藤井先生が豊島先生に苦戦しているか、ですか…?」里見香奈女流名人が王位戦第1局を語る

里見香奈女流名人
里見香奈女流名人

 将棋の第62期王位戦七番勝負第1局が30日、名古屋市の名古屋能楽堂で前日から指し継がれ、防衛を目指す先手の藤井聡太王位(18)=棋聖=は104手で挑戦者の豊島将之竜王(31)=叡王=に敗れ、黒星スタートとなった。藤井の対豊島戦は1勝7敗に。通算勝率・838の天才は、なぜ豊島に対してのみ苦戦を強いられているのか。6月、女流タイトル獲得通算44期の歴代最多記録を樹立した里見香奈女流名人(29)=清麗、女流王位、倉敷藤花=が第1局を観戦した。

 * * *

 なぜ藤井先生は豊島先生に負け越しているか…ですか? うーん…非常に難しくてよく分からないというのが正直なところです。

 でも、少し考えたのはお二人の棋風のことです。どちらも居飛車党の最新型を指される研究型の先生ですよね。おそらく、実際の指し手には現れなかった水面下の研究でも、事前研究の準備段階で通っていた道はかなり一致しているのでは、と勝手ながら想像しながら見ていました。

 深いところまで読みが一致していると、読みが離れる場合より力を出しにくいというケースはあると思うんです。一致した道を離れて踏み込む、踏み込まないという判断に綾(勝負の流れを決める分岐点)が生まれるものですが、豊島先生はその判断が本当に素晴らしい先生だと思います。

 比べられるお話ではありませんが、私も女流棋士になり立ての頃、岩根忍さん(女流三段)になかなか勝つことができませんでした(当初は11戦4勝7敗、通算では19戦11勝8敗)。当時の私は完全な攻め将棋(現在は攻めと受けのバランス型に変化)でしたけど、岩根さんはさらに激しい攻め将棋。すごく強くて、いつも攻め潰されて痛い目に遭っているうちに、余計に意識して力みにつながってしまう悪循環に入っていきました。そういった相性の良し悪しというものはたしかにあると思います。

 本局では、常に急所を突く豊島先生の正確な指し手が印象に残りました。一見、どこを触れていいか分からない局面で「遠巻きに見えて実は速い」という攻めが鮮やかでした。△3六歩~△4五桂としてからの△3七香は完璧な攻めで、本当に素晴らしかったです。

 藤井先生は最近で最も印象的なのは持ち時間の使い方です。序中盤で時間を投入して、残り10分を切ってから時間を使わずに正確に指し続けるというのはちょっと信じられないものを感じます。

 私も同じ方と続けてタイトル戦を戦うことがありましたけど、戦型選択などの戦い方は常に行き詰まっていきました。自分が幅広い戦型を指すタイプではないこともありますけど、番勝負を重ねていると、普段より研究が濃くなっていく感覚があります。勝敗を別として、戦い終えた時にあの感覚が残るのは自分にとって非常に大きなことです。

 私は振り飛車党なので、居飛車党のお二人の難解さとスピードを楽しんでいます。十二番勝負の中では、形勢不明のまま互いに一分将棋に突入するような将棋も見たいです。次局以降も楽しみです。(談)

 ◆里見 香奈(さとみ・かな)1992年3月2日、島根県出雲市生まれ。29歳。森鶏二九段門下。6歳で将棋を始め、2004年に女流棋士に。08年の倉敷藤花戦で初タイトル。獲得は女流名人12期、清麗2期、女王1期、女流王座4期、女流王位7期、女流王将7期、倉敷藤花11期の計44期。11年から棋士養成機関「奨励会」に在籍して女性初の三段となる。三段リーグでは藤井聡太三段(当時)と対戦したことも。振り飛車党。里見咲紀女流初段(25)は妹。異名は「出雲のイナズマ」。

将棋・囲碁

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請