タイトーがeスポーツチーム発足「誇りと自覚をもってチャレンジ」

練習する「ARCADER」のプレーヤー
練習する「ARCADER」のプレーヤー

 『スペースインベーダー』や『電車でGO!』などで知られる老舗ゲームメーカー、タイトーがeスポーツチーム「ARCADER」を発足させたことが30日、わかった。

 同社ではこのほど「esportsプレーヤー応援制度」を新設。「ゲームが好き」「ゲームが得意」という従業員を募り、タイトーのオフィシャルプレーヤーとしてバックアップする。アーケードから家庭用まで、すべてのプラットフォームのゲームを対象にしているという。

 8月にはeスポーツ大会「Evo Online」に参加予定で、「ストリートファイターV チャンピオンエディション部門」や「鉄拳7部門」などに参戦する。また、9月からの「CAPCOM プロツアー 2021」にも出場を予定している。

「ARCADER」のユニホーム
「ARCADER」のユニホーム

 同社は「タイトーの原点でもあり、eスポーツの原点でもあるアーケードゲーム。誇りと自覚をもってeスポーツにチャレンジします」と決意を語り、「大会当日はARCADERのユニフォームを着用し出場いたします。見かけた際にはぜひ応援のほど、よろしくお願いいたします」とエールを呼びかけている。

練習する「ARCADER」のプレーヤー
「ARCADER」のユニホーム
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請