【阪神】大山悠輔、6番降格 4番にはサンズ…ノムさん追悼試合のヤクルト戦スタメン発表

スポーツ報知
試合前練習で井上一樹ヘッドコーチ(左)から指導を受ける大山悠輔

◆JERAセ・リーグ 阪神―ヤクルト(29日・甲子園)

  阪神・大山悠輔内野手が6番に降格した。今季出場59試合目で初めて4番を外れた。

大山は27日のDeNA戦(甲子園)で5打数無安打。特に得点圏4度で全て凡退し、得点圏打率はリーグワーストの2割3厘となっていた。試合後、矢野監督は「悠輔がこの悔しさをどうしていくかということが一番大事」と話していた。

 大山に代わって、サンズが昨季最終戦以来の4番に座る。佐藤輝は5番のまま。故・野村克也監督の追悼試合となるこの日のスタメンは以下の通り。

1(中)近本

2(二)糸原

3(一)マルテ

4(左)サンズ

5(右)佐藤輝

6(三)大山

7(遊)中野

8(捕)梅野

9(投)青柳=右

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請