蓮舫氏、丸川五輪相のワクチン接種への認識に疑問「何をもって『免疫』と言われてるのでしょうか」

スポーツ報知
蓮舫氏

 立憲民主党の蓮舫参院議員が29日、自身のツイッターを更新。この日の定例会見で東京五輪・パラリンピック組織委員会が大会ボランティア約7万人に新型コロナウイルスワクチンの接種を案内した件について答えた丸川珠代五輪相に疑問を呈した。

 26日の案内発表では接種1回目は30日から、2回目は五輪期間中の7月31日からで、2回目を受けずに大会に臨むことに不安の声も挙がっているが、丸川氏は「そもそもワクチン接種を前提としないで大会準備を進めている。より安心な大会のための接種体制。できるだけ早い段階で接種していただきたい。まずは1回目(の接種)で一時的に免疫をつけていただきたい」と答えたという記事を貼り付けた蓮舫氏。

 「『本ワクチンの接種で十分な免疫ができるのは、2回目の接種を受けてから7日程度経って以降とされています。現時点では感染予防効果は十分には明らかになっていません』 厚労省のファイザーワクチンの説明です」とつづると、「丸川大臣は何をもって『免疫』と言われてるのでしょうか」と続けていた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請