“藤井くん”がトレンド入り 「ドラゴン桜」鈴鹿央士、“健太”細田佳央太と手つなぎ写真

スポーツ報知
鈴鹿央士のインスタグラム(@ouji.suzuka.official)より

 27日に最終回が放送された俳優・阿部寛主演のTBS系日曜劇場「ドラゴン桜」(日曜・午後9時)で、東大専科の生徒・藤井遼を演じた俳優の鈴鹿央士(おうじ)が28日までに自身のインスタグラムを更新。同じ東大専科の生徒とのショットを公開した。

 鈴鹿は「ずっと一緒に闘ってくれた一生の仲間たち ありがとう」と記し、クラスメートとして共演した俳優・加藤清史郎、女優・志田彩良(さら)、俳優・細田佳央太(かなた)との写真を投稿。

 発達障害を抱えながら東大を目指した原健太役の細田とは、手をつないだ写真もアップ。最終回の東大入試の場面では、他の受験生にからまれている原を助ける男気あふれる友情シーンがあり、ツイッターでは「藤井くん」がトレンド入りするなど話題となった。

 この投稿には、細田と志田、加藤がそろって「こちらこそ」と書き込んだほか、「藤井くんが助けに行った時は声出して泣きました」「大号泣」「感動しました」「一生の仲間 素敵です」「手繋いでるのかわいい」「一気にフォロワー数増えたね!すごい」「健太守るの最高でした」などのコメントが寄せられた。

 27日の同ドラマ最終回は平均視聴率が20・4%、個人視聴率が13・1%をマークし、ともに番組最高の数字で有終の美を飾った。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請