【阪神】4番・大山悠輔、得点圏4度凡退…矢野監督「悠輔がこの悔しさをどうしていくか」

5回1死二塁、一飛に倒れた大山悠輔(左は大貫晋一)
5回1死二塁、一飛に倒れた大山悠輔(左は大貫晋一)

◆JERAセ・リーグ 阪神3―8DeNA(27日・甲子園)

 阪神の4番・大山悠輔内野手が4度の得点圏で凡退し、5打数無安打だった。

 2点を先制された直後の初回1死一、三塁で空振り三振に倒れると、3回2死二塁では三ゴロに終わった。

 6点を追う5回は1死から近本、糸原、マルテの3連続二塁打で2点を返したが、なおも1死二塁で一飛。8回先頭では捕邪飛で、5点を追う9回は再び2死一、二塁のチャンスで打席が回ってきたが、中飛に打ち取られた。

 主砲が4試合ぶりの無安打。矢野監督は「そら4番やからチャンスで回るところに置いてるんでね。そこで(走者を)かえせてないというのが負けてるところではね。そうなってしまっているんで。何とかそこを大山自身も頑張っていくっていうのもあるし、チームもカバーしていくっていうのもあるし。投手が頑張るっていうのもその一つやし、そういうのは全体でやっていきながら、悠輔(大山)がこの悔しさをどうしていくかということが一番大事かな」と話した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請