樋口新葉、五輪シーズン初戦は合計183・21点「とりあえずこんな感じだなとつかめた」

スポーツ報知
今季初戦に臨んだ樋口新葉

 フィギュアスケート女子で18年世界選手権銀メダルの樋口新葉(明大)が26、27日にアクアリンクちばで行われた「アクアカップ」で今季初戦に臨み、26日のショートプログラム(SP)は67・06点、27日のフリーは116・15点で合計183・21点だった。

 北京五輪シーズン初戦で、新プログラムのSP「プリマベーラ」、フリー「ライオンキング」を滑り終え「初戦にしてはまあまあな出来だったかなと思う。とりあえずこんな感じだなっていうのはつかめました」と振り返った。

 フリーは冒頭にダブルアクセル(2回転半ジャンプ)、続けて3回転ルッツ―3回転トウループの連続ジャンプと次々成功。演技後半の3回転ルッツが惜しくもミスになったが、「フリーはSPよりもたくさん練習をして来れたので、少し自信を持った状態で初戦に臨むことができた。最初の2つ(のジャンプ)は思ったよりいい入りで跳べた」と手応えもつかんだ。

 今季はSPとフリーの冒頭にトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を投入予定。この日は回避したが、「フリーは(練習で)だいぶできるようになってきた」と自信を深めている。コロナ禍で迎える勝負の五輪シーズンに向け「自分の目指すべき五輪っていう舞台に向けて、集中して臨めるように一生懸命頑張っていきたい」と意気込んだ。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請