【DeNA】6年ぶり甲子園3タテへ、初回にオースティンの17号2ランで先取点「ヤッタ!!」 6月は9発目

スポーツ報知
先制の中越え2ランを放つオースティン

◆「JERAセ・リーグ」阪神―DeNA(27日・甲子園)

 今季初の3連勝を狙うDeNAが、初回にタイラー・オースティン外野手の17号2ランで先取点を奪った。

 勝てば2015年4月7~9日以来6年ぶりの甲子園3タテとなるDeNA。初回に先頭の桑原が中前安打で出塁し、柴田が一犠打を決めて得点圏に走者を進めた。佐野は見逃し三振に倒れたが、2死二塁でオースティンが阪神先発・秋山の129キロフォークをセンターバックスクリーンに豪快に運んだ。

 6月は出場18試合で9発目。26日終了時点では打率3割3分3厘でリーグトップに立っている。貴重な一打に助っ人は「ヤッタ!!(日本語)手応えは悪くなかったです。先制点を挙げることができ良かったです!」と冷静に振り返った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請