李麗仙さん告別式、長男・大鶴義丹、マルシアら40人が最後の別れ 元夫・唐十郎氏は参列せず

李麗仙さん
李麗仙さん
李麗仙さんの葬儀で、喪主を務めた大鶴義丹
李麗仙さんの葬儀で、喪主を務めた大鶴義丹
李麗仙さんの葬儀に参列したマルシア
李麗仙さんの葬儀に参列したマルシア

 22日に肺炎のため79歳で死去した女優の李麗仙(り・れいせん、本名・大鶴初子=おおつる・はつこ)さんの葬儀・告別式が26日、都内の斎場で営まれ、喪主で長男の俳優・大鶴義丹(53)ら約40人が参列した。

 親族や友人、演劇関係者らの仲間に見守られながら、「アングラの女王」が天国に旅立った。白いコチョウランなどで彩られた祭壇に飾られた李さんの遺影は、帽子を斜めにかぶり、舞台映えする美しいメーキャップが印象的な若き日の姿。「状況劇場」で公私のパートナーとしてアングラ演劇界をリードしてきた元夫で劇作家の唐十郎氏(81)は参列しなかったが、祭壇の傍らには唐氏の作劇による李さんの代表作「少女仮面」のポスターが寄り添うように貼られた。

 李さんと都内の2世帯住宅で同居し、18年の脳梗塞発症後もリハビリを見守ってきた義丹は気丈に喪主を務め、式の最後には参列客にあいさつと感謝の言葉を述べた。斎場には、義丹と2004年に離婚した元妻で歌手のマルシア(52)も姿を見せ、かつての義母との別れを惜しんだ。

李麗仙さん
李麗仙さんの葬儀で、喪主を務めた大鶴義丹
李麗仙さんの葬儀に参列したマルシア
すべての写真を見る 3枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請