馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  新潟 函館

大注目の一戦(栗東)

 こんにちは、山本です。本日は2日連続で梅田の会社からのパッチパチ。最近、会社に来ていることが妙に多くないかと思いつつ、本日もパッチパチといきましょう♪

 さて、今週は困りました。何のことかと言うと、天気予報です。まぁ、宝塚記念が行われる27日の天気がまぁ、見るたび、見るたびに変わっていく。個人的な事情で言いますと、枠順が発表された木曜午後に予想も出さないといけなかったんですが、その時点で本命候補はアリストテレスとキセキの二択。正直、ワタクシはアリストテレスは道悪がからっきし下手とは思っていないんですけど、ドボドボの馬場なら、あの菊花賞を目の前で見ているだけにキセキかな、と思ってしまう。で、天気の予報サイトを色々と見たんですけど、これがサイトにとって予報が違うんですよ。結局は見ることに疲れてしまい、最後は初志貫徹でアリストテレスにしたんですけど、先ほどの天気予報では思っていたよりは降りそうになく、アリストでよかったのかな、という気持ちなんですが…。

 しかし、競馬もそうですが、情報量が多いのはありがたいとはいえ、多すぎると多すぎたで取捨選択が難しい。なかなか、サイトから離れられなくなってしまいます。今回も最後は「俺は天気の予想してるんじゃなくて、競馬の予想をしてるんだから」と自分に言い聞かせて、本命を決めましたもんね。あと1日。油断はなりませんが、朝起きたら土砂降りなんてことだけは、本当にご勘弁願いたいと思っています。

 ということで、そろそろ本題へ。明日の競馬を中心に見ていきましょう。

 明日の注目は何と言っても阪神5Rの新馬でしょう。この宝塚記念デーの芝1800メートル戦、昨年からさかのぼるとダノンザキッド、レッドベルジュール、ブレイキングドーン、ダノンプレミアムと4年連続で勝ち馬が重賞ウイナーとなっている。しかも、ダノンの2頭に至っては同年の最優秀2歳牡馬でしょう。これは単なる偶然では片付けられません。

 その「ダノン」からの出走となるのが、音無厩舎の【ダノンフォーナイン(牡、父ディープインパクト、母タミーザトルピード)】です。こちらはセレクト当歳セールで1億8000万円がついた一頭なんですが、調教でもしっかり動けています。「まだ幼いし、先々は走ってくると思うぞ」と音無調教師は切り出しつつ、「きれいな走りをするし、普段はチャカチャカしているけど、キャンターにいくと違う。実戦タイプなのかな」と言葉を続けます。スタートセンスもいいそうで、初戦からという雰囲気も漂いますね。

 続いてもディープ産駒、今度は斉藤崇厩舎の【キラーアビリティ(牡、父ディープインパクト、母キラーアビリティ)】ですね。こちらはお母さんが米G1馬で、馬主のキャロットクラブの募集価格が1億円ということからも期待の高さが伝わります。「気性的に幼い面がありますが、動きはセンスを感じさせますし、瞬発力を感じますね」とは斉藤崇調教師。こちらはゲート試験を受けている頃に比べ、放牧でしっかりと馬体が成長したことに手応えを感じているようにも感じました。

 その放牧中の成長といえば、もう一頭のディープ産駒、【ローマンネイチャー(牡、父ディープインパクト、母キューティゴールド)】にも言えます。こちらは全姉にショウナンパンドラがいますね。この馬に関して、高野調教師は「基本的にオク手だと思う」と何度も口にしているんですが、「時計は出ているし、能力は高いと思います」との評価も。姉のショウナンパンドラはこの頃、まだデビューに向けての調整などは始まっていなかったワケですし、レースを使うことでの経験値を加えつつ、どう変わっていくのか。もちろん、初戦から走っても、全く驚かないですけどね。

 あとは藤原英厩舎の【レッドベルアーム(牡、父ハーツクライ、母レッドファンタジア)】か。こちらは兄のレッドベルジュール、レッドベルオーブがともに重賞を勝っている、非常に優秀な母系を持ちます。しかも、レッドベルジュールはこの新馬の勝ち馬でもありますからね。当ブログでも書きましたが、1週前に負荷をかける追い切りに騎乗した後の福永Jの感触が本当によかった。何より、上2頭に比べると距離に融通が利きそうというところに、手応えを感じているようでしたね。

 最後に中竹厩舎の【アランヴェリテ(牡、父キズナ、母ルミエールヴェリテ)】ですね。こちらは同じ中竹厩舎でリアンヴェリテ、キメラヴェリテの弟になるんですが、「生まれた頃から品があったし、上と比べてもバランスなどが抜けてよかった」と中竹調教師は高く評価していました。中竹厩舎は坂路でも開門から数十分経った少し力のいる馬場で追い切りを行うんですが、それを考えると、ここ2週の調教も上々です。穴っぽい気配を感じますよ。

 ということで、明日を楽しみに待ちつつ、ネット限定「厳選馬」をどうぞ。

札幌7R・1キングオブドラゴン(長丁場には実績があり、まだまだ内有利の札幌の最内枠。洋芝も合いそうなイメージだ)

 続いては馬券王への道 延長戦をどうぞ。

阪神2R・8ラヴィズポイズン(初戦は窮屈な競馬、2戦目も脚は使っており、ともに内容は悪くない。そろそろ怖い)

阪神8R・5スマートルシーダ(「芝も悪くないと思う」と生野助手。前走は発馬でロスがあったが、もっと走れる)

東京11R・10ホープフルサイン(同舞台の2走前が着差以上の強さ。傑出馬不在のここなら)

札幌3R・ブリエヴェール(窮屈になりながらも差を詰めた前走内容を評価)

 今日はここまで、また次回です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請