【中日】投壊で今季ワースト18安打11失点 先発・小笠原慎之介は4回6失点KO

スポーツ報知
今季ワーストの4回6失点でKOされた先発・小笠原

 ◆JERAセ・リーグ 広島11―5中日(26日・マツダスタジアム)

 中日は今季ワーストの被安打18、11失点で完敗。借金は再び6となった。

 自己新のシーズン6勝目を狙った先発の小笠原慎之介が、今季ワーストの4回6失点(自責点5)でKO。2回に投手の大道に右中間タイムリー二塁打を浴びるなど4安打を集められると、3回にも不運な当たりも続き5連打で3失点を喫した。球のキレのなさと詰めの甘さが目立ち、3敗目を喫した。

 2番手・山本も、この日スタメン復帰した鈴木誠にソロ本塁打を打たれた。

 中日は6回には5安打を集中させ4点を返し、5―7と2点差まで迫ったが、藤嶋、ロサリオも追加点を許した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請