馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  新潟 函館

今週も(外)か(札幌)

新馬のアウトパフォーム(左)は、札幌・芝コースでスピード感あふれる走りで先着
新馬のアウトパフォーム(左)は、札幌・芝コースでスピード感あふれる走りで先着

 こんにちは、坂本です。早いもので1回札幌開催も明日で終わりになります。先日まで緊急事態宣言下だったこともありますが、今年は札幌から函館、そして再び札幌と変則的な開催のため在厩頭数が比較的少なく、どこか仕事のペースも例年とは違う雰囲気でしたね。当然のことながら街を出歩けず、さみしいですがもう本題にいきます(苦笑い)。

 さて、先週6月20日の札幌新馬戦(芝1200M)は、ガンランナー産駒の(外)グランアプロウソが勝利。祖母ビリーヴという超良血馬が期待通りの走りを見せました。そして明日の札幌新馬戦(芝1200M)も、楽しみな(外)【アウトパフォーム(牡、父アウトストリップ、母トリプルシー)】が走ります。父は13年の米G1・ブリーダーズカップジュベナイルターフの勝ち馬で、早い時期からスピードを生かして活躍できそう。今週の札幌に姿を見せていた栗田調教師からは「前向きですし、滞在もいいと思う。2歳にしてはトモ(後肢)がしっかりしていて、仕上がり早だと思います」と、期待が伝わってきました。札幌・芝コースでの最終追いでは、3頭併せで最先着を果たして、横山武騎手も「すごくいい馬」と好感触。要注目と一頭と言えます。

 このレースには19年の函館記念を制したマイスタイルの全妹の【マテンロウサニー(牝、父ハーツクライ、母ファーストナイナー)】も登場。デビュー予定を1週延ばしましたが、昆調教師は「動きが良くなって変わってきた」と語っていました。兄と比べて短いところ向きとも話しており、どんな走りをするか興味深いですね。また17年の函館2歳Sを制したカシアスの全弟の【ファーンヒル(牡、父キンシャサノキセキ、母ラブディラン)】も、なかなか仕上がりが良さそう。馬は函館で調整していますが、札幌に姿を見せていた清水久調教師に聞くと、「けっこう育成場で早い段階から動けていたので、夏デビューを目指して順調にきました」と語っていました。少頭数の10頭立てですが、面白いメンバーがそろっています。

 さて、なかなか美浦の取材ができていませんが、北海道までいい話が届いてきている馬もいます。6月中旬に美浦に入厩した藤沢和厩舎の【ペルフォルマーダの19(牡、父ディープインパクト)】は、素質の良さで注目を集めているようです。関係者の評判も高いようで、ちょっと覚えておきたい1頭です。

 また国枝厩舎には【エリカヴィータ(牝、父キングカメハメハ、母マルシアーノ)】や【フォーグッド(牡、父ディープインパクト、母ウィキッドリーパーフェクト)】といった良血馬たちが、入厩してきていますね。早く美浦で取材したいところです。

 それでは今日のところはこのへんで。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請