【中日】小笠原慎之介が4回6失点KO

スポーツ報知
4回6失点で降板した中日・小笠原

◆JERAセ・リーグ 広島―中日(26日・マツダスタジアム)

 中日・小笠原慎之介投手が今季ワーストの4回9安打6失点(自責点5)で降板した。

 今季成長著しい左腕だが、2回1死から坂倉、林、西川に3連打されて同点。2死後、投手の大道に右中間を破る2点二塁打を許して勝ち越された。続く3回にも1死から小園、鈴木誠、坂倉、林、西川に5連打。止めたバットに当たっての内野安打や、詰まらせながらの右前打、味方の失策など小笠原にとってアンラッキーな要素も含まれていたが、この日は球威、球のキレともに本来の出来ではなかった。

 前回の広島戦登板までは今季2戦勝ち負けなしながら防御率0・71とほぼ完璧に抑えていたが、同カード3試合目のマウンドは悔しい4回降板となった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請