【阪神】矢野燿大監督、初回の失策嘆く「健斗はアウトにしてやらないと」…試合後一問一答

スポーツ報知
8回、険しい表情を見せる矢野燿大監督

◆JERAセ・リーグ 阪神0―3DeNA(25日・甲子園)

 阪神が今季4度目の完封負け。2位浮上の巨人とは4・5ゲーム差となった。

 初回に二塁・糸原の失策から西勇が4番のオースティンに先制2ランを浴びると、6回にも再び主砲に右前適時打を献上した。通算100勝をかけて登板したエースは今季最長タイの8回を7安打3失点(自責1)にまとめたが、援護なく4敗目を喫した。

 打線は甲子園無敗の浜口を5回まで攻略できずにいると、リリーフ陣からも得点を奪えず。8回1死一、三塁では中野が山崎の前に二ゴロ併殺に倒れた。試合後の矢野監督の一問一答は以下の通り。

 ―初回に味方の失策もありながら、西勇は8回まで粘りの投球

 「全体的には球のキレとかね、コントロールというのも良かったと思うし。立ち上がりはみんなが難しいところでね、やっぱり健斗(糸原)はアウトにしてやらないとダメやし。そういうところで2点っていうのが向こうにリズムを取らせてしまった。勇輝(西)のピッチング自体はいつも通り、投げてくれたかなと思います」

 ―6回に西勇に代打を送らなかったのも、状態を考えて

 「内容も別に悪いわけじゃないし、(点の)取られ方もね、悪いわけじゃないんで。何とか打線が奮起してくれたらってところで、まだまだ余力はあったんで、そのままいきました」

 ―やっぱり打線が

 「もちろんゼロでは勝てないんで。そういうところではのらりくらりというか。ただ、絞りにくい投手ではあるんで。もう1個のボールの見極めとか、そういうのが今日はなかった。そこら辺がゼロでいってしまったかなと」

 ―ヒットが出ていることはプラス材料

 「でも、もうちょっとね。ピシャリと抑えられるというところでもないんで。もっと打っていけるところはあったと思うし、これでいいとは思えないけど。もっともっと点を取れる打線なんで」

 ―今季最多の観客が甲子園に

 「そういうところで見せ場ももうちょっと作りたかったし、点が入って喜ぶところとか見せたかったし、そういう部分でも残念やね」

 ―藤浪が無失点に抑えた

 「ピンチは作ったけどね。今日はいい意味で力も抜けながら投げているボールが多かったし、投げている姿とかボールというのは、前回より良かったかなというふうに見てます」

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×