【巨人】5連勝で2位浮上、首位・阪神と4・5ゲーム差 1週間で3・5縮める

3勝目を挙げ、原辰徳監督(左)に祝福されたメルセデス
3勝目を挙げ、原辰徳監督(左)に祝福されたメルセデス

◆JERAセ・リーグ ヤクルト1―7巨人(25日・神宮)

 巨人が今季2度目の5連勝を飾り、0・5差だったヤクルトを上回って2位に浮上した。大城卓三が先制7号2ラン、岡本和真の4年連続20号到達となる3ラン。その後も加点して試合を決めた。先発・メルセデスは7回1失点の好投で3勝目。8回は畠、9回は戸田が無失点に抑えた。

 巨人は18日の阪神戦(甲子園)に敗れて首位・阪神と8ゲーム差となったが、19、20日の同カードに連勝して敵地で阪神にカード勝ち越した。この日、阪神が敗れて4・5ゲーム差。1週間で差を3・5縮めた。

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請