馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  新潟 函館

勢いに乗りましょう(栗東)

 こんにちは、山本です。今週は戻ってきました、久々に金曜恒例、梅田の会社からのパッチパチです。ではでは、行ってみましょうか♪

 さて、歌手の美空ひばりさんが亡くなって、昨日で32年になるというニュースを見かけました。亡くなった時、ワタクシはまだ11歳ですし、リアルタイムでの記憶はほとんどない。ただ、亡くなった時にニュースで大騒ぎしていたのはうっすらと覚えていますし、その後、今でも名前を語り継がれるほど存在感のある歌を何度も聞いています。演歌をあまり聴くタイプじゃないけど、確かに歌声は非常に印象的です。個人的には松山千春さんが某音楽番組で「美空さんの歌は飛び抜け」と評価していたことをよく覚えているなぁ。

 昭和のスターといえば、石原裕次郎さんも印象的なんだけど、亡くなった時はワタクシまだ10歳。ただ、こちらは「太陽にほえろ!」や「西部警察」を見ていたから、死んだというニュースに驚いた記憶があります。まぁ、この方もまだ語り継がれることが多いですし、本当にすごいこと。どちらも50代前半でお亡くなりになったと思うんですけど、その年まであと10年もないほどに、ワタクシも年を取ってしまっていた…。一体、何をしてるんでしょうねぇ。

 ということで、これ以上続けるとボヤキばかりになりそうなので、そろそろ本題へ。今日も明日の競馬を中心に、見ていきましょうか。

 先日もお伝えしたように、明日は阪神1Rで関西圏初の2歳未勝利が行われます。最近は新馬を使った後に一度放牧という形が主流になっているようにも感じているんですが、その割には結構、粒ぞろいなメンバーになった印象です。高野厩舎の【スタニングローズ(牝、父キングカメハメハ)】は初戦で勝ち馬の逃げ切りを許しましたが、ラストまでしっかりと脚は伸ばしていました。「いい競馬をしてくれたと思います。ああいう競馬ならチャンスはくるでしょう。順調に調整できていますし、まずは無事に走ってほしいですね」と高野調教師は期待していました。バラ一族の底力を見せてほしいところです。

 ここで穴っぽい馬として、ちょっと注目しているのが本田厩舎の【セリノーフォス(牝、父ダイワメジャー)】なんですよね。前走は発馬で挟まれるロスがあり、リズムが乱れたままの競馬。「一度、引いてもよかったんだけどね。力のある馬だし、中間も引き続き、動いている」とは古川助手。兄にヴァンドギャルドを持つなど血統的な背景も十分にありますし、一変を期待しています。

 続いては5Rの新馬。まずは矢作厩舎の【カフジペンタゴン(牡、父ミッキーアイル、母マザーレイク)】からいきますか。今週の栗東、矢作調教師と少しだけ話をしたのですが、ルージュラテールの話をした後に「今週の2頭もいいぞ」と言葉を続けたのです。その一頭であるカフジペンタゴンは同じく矢作厩舎のタイセイトレイルの下。「ゲートも速いし、ミッキーアイルが出ている感じ」と説明します。その後、安藤助手にも話を聞いたのですが、感触はよかったですね。「今週は藤岡康騎手に乗ってもらいました。初の追い切りにも乗ってもらっていたのですが、『前回より仕上がっている』と言っていました。除外のぶん、もう1本乗れたので、仕上がりはいいと思います」とのこと。兄とは違うタイプで、7ハロン戦での新馬勝ちを狙います。

 ちなみにもう一頭、札幌5Rの【キングエルメス(牡、父ロードカナロア)】も評価していましたよ。先週の追い切りが軽めになったので、今週にスライドしての一戦。矢作調教師は春先から兄カイザーノヴァ以上の素質を感じているようでしたが、「いいと思う。距離に融通も利くと思うしね」と期待しているようでした。ちなみに、姉にジェンティルドンナを持つ【メトセラ(牡、父キタサンブラック、母ドナブリーニ)】は昨日のゲート試験に合格。安藤助手によると、来週一度速いところをやってみて、続けていくか放牧かを決めるようです。

 話を阪神5Rに戻しましょう。どうしても目が行くのは池江厩舎の【ママコチャ(牝、父クロフネ、母ブチコ)】でしょう。ご存じ、白毛の女王、ソダシの全妹です。そして、何度も言っておりますが。この馬は鹿毛です。当初は評価が決して高くはなかったんですが、「追うごとに良くなってきた」という池江調教師の言葉通り、動けるようになってきましたね。これが血統の成せる業でしょうか。大外枠は気になりますが、動ける態勢にはあると思います。

 そして、先週の新馬で2戦2勝の安田隆厩舎が送り出す【アグリ(牡、父Caravaggio)】ですね。こちらは先週の追い切りから急激に動くようになりましたね。安田隆調教師も笑みを浮かべつつ、「まだ本当に緩いんですよ。ただ、その中であれだけ動けているわけですからね。先週は(動きに)ビックリしました。お母さんは短距離血統なので、まずはこの条件からいきます」とのこと。先週の2戦2勝と同じく、川田Jを鞍上に迎えての初陣です。ちなみに先週の新馬を勝った【フェズカズマ(牡、父ドレフォン)】は函館2歳Sへ向かうとのこと。こちらは今朝発表につき、詳しくは当社HPをご覧くださいませ。

 では、ネット限定「厳選馬」をどうぞ。

東京1R・5レディナビゲーター(前走はいかにも初戦という感じのレース。しかし、エンジンがかかってからの脚は迫力があった。良血馬の2戦目で今度こそ)

 続いては馬券王への道 延長戦をどうぞ。

阪神6R・11ロワンディシー(この条件なら、しまいは確実。展開次第も人気薄でそろそろ)

東京10R・14セイヴァリアント(久々に外枠ゲット。もまれにくい枠から、スムーズな競馬なら怖い)

札幌4R・12ジャンドゥーヤ(この距離短縮は魅力。できれば内枠が欲しかったが、一変ならここ)

札幌10R・7カフジアスール(展開不向きで差を詰めた前走の内容を評価)

 今日はここまで、また明日です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請