バレーネーションズリーグ女子 日本はブラジルに敗れ3位決定戦へ

スポーツ報知
バレーのネーションズリーグ女子日本はブラジルに敗れる

 バレーボールのネーションズリーグ女子は24日、イタリアのリミニで準決勝が行われ、世界ランク4位の日本は同3位のブラジルに15―25、23―25、31―29、16―25の、セットカウント1―3で敗れた。日本は日本時間25日午後11時からの3位決定戦で、トルコと対戦する。

 2セットを連取された日本は第3セット、粘り強い守りや、古賀紗理那(NEC)や石川真佑(東レ)の強打などで、ジュースの末、奪った。だが、第4セットは日本を上回るブラジルの守りや高さを生かしたスパイク、ブロックに屈した。

 古賀は「もう少しオフェンスで得点を取らないと、チーム的に厳しいと今日の試合を通して感じた。ただ、3セット目はサーブで崩すことができ、攻撃のチャンスをたくさん作れたので、そこは今日の試合で一番良かったポイントだと思う。明日は本大会最後の試合になるので、チーム全員で勝ちに行きたい」と3位決定戦に気持ちを切り替えていた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請