多田修平「余裕を持って決勝に進めたので、集中して臨みたい」準決勝は組トップ通過

力走する多田修平(カメラ・竜田 卓)
力走する多田修平(カメラ・竜田 卓)

◆陸上 日本選手権 第1日(24日、大阪・ヤンマースタジアム長居)

 男子100メートル準決勝が行われ、9秒95の日本記録を持つ山県亮太(29)=セイコー=が全体トップとなる10秒16(無風)の1組1着で通過。同組で10秒30の3着だったサニブラウン・ハキーム(22)=タンブルウィードTC=もタイム順上位で拾われ、9秒台スプリンター4人がそろって25日の決勝に駒を進めた。最大3枠の五輪切符を争う一発勝負は、初の9秒台決着も期待される。

 この日に25歳の誕生日を迎えた多田修平は予選、準決勝ともに組トップで通過。「調子自体も上向き。余裕を持って決勝に進めたので、集中して臨みたい」とリラックスした表情で話した。今月6日には4年ぶりの自己新となる10秒01をマーク。好調をキープしつつ、後傾するフォームを修正するなど課題を克服して大舞台へと挑んでいる。

 予選ではレース直前のスタート練習で足をつりかけるアクシデント。それでも危なげなく準決勝に進み、マッサージを受けるなど対策をして持てる力を発揮できる状況を作った。「試合を重ねる度に調子が上がり、(自己新をマークした)布勢よりもいい感じ。決勝は、緊張しつつ楽しみたい」。持ち味の鋭いスタートを生かし、アドバンテージを最後まで保てれば五輪切符も見えてくる。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請