V争いは山県亮太と多田修平…青戸慎司氏が占う男子100メートル決勝

男子100メートル準決勝1組、1着で決勝進出を決めた山県
男子100メートル準決勝1組、1着で決勝進出を決めた山県

◆陸上 日本選手権 第1日(24日、大阪・ヤンマースタジアム長居)

 男子100メートル準決勝が行われ、9秒95の日本記録を持つ山県亮太(29)=セイコー=が全体トップとなる10秒16(無風)の1組1着で通過。同組で10秒30の3着だったサニブラウン・ハキーム(22)=タンブルウィードTC=もタイム順上位で拾われ、9秒台スプリンター4人がそろって25日の決勝に駒を進めた。最大3枠の五輪切符を争う一発勝負は、初の9秒台決着も期待される。元日本記録保持者の青戸慎司氏(54)=中京大副部長=が、激戦の展望を占った。決勝は25日午後8時30分に始まる。

 五輪への最終関門は、空前の激戦を予感させる。準決勝では、10秒16の山県を筆頭に9秒台スプリンター4人全員が決勝へ進んだ。大会記録は、19年大会決勝でサニブラウンが出した10秒02。初の9秒台決着も期待できる8人が集結した。

 青戸氏「コンディションにもよるが、9秒台で決着すると思う。持ち味を出して、いかに自分のレースをするか。隣のレーンの選手が前に出ても、自分の良いイメージ通りの走りができるか。それが見どころであり、勝利の条件になるだろう」

 V候補筆頭は、やはり日本最速の男だ。予選はリラックスして10秒27で通過。ラウンドに応じ、勝ち上がりを意識した走りが光る。

 青戸氏「山県君は、予選は感覚を確かめるように“省エネ”で通過し、準決勝も安定。条件に合わせて順位を狙い、速さと強さの両方を感じた。記録より順位というラウンドの重ね方は、五輪と同じ。本大会を見据えているのだろうと思う」

 山県を脅かすのが、絶好調の多田。持ち味のロケットスタートに加え、後半にも成長を感じさせる。前半に強みを持つ両選手が飛び出し、中盤までにV争いが絞られる展開もありそうだ。

悪癖修正した 青戸氏「一本一本、走るごとに上向いている。レース後半に上体が後傾する悪癖も修正できていた。自己記録の10秒01を出した布勢スプリント(6日)のように、山県君と好勝負ができそう。決勝はこの2人が中心だろう」

3位争いし烈 上位勢に割って入るのは、9秒台ホルダーの地力か、伸び盛りの力か。3位以下の争いはし烈を極めそうだ。

 青戸氏「桐生君は右アキレス腱(けん)が痛そうで、どこまでケアできるかが鍵。サニブラウン君は準決勝が失敗レースなのは間違いない。集中力はあるので一発の力が出せればそれなりに来るとは思う。高校生の柳田君は大きな期待を集めていない分、無心の強さがある。大人の胸を借りて、若さと勢いで頑張ってほしい」

 運命が定まるのは25日午後8時30分。研ぎ澄ました8人がぶつかり合う1本は、五輪本番へも意義は大きい。

 青戸氏「9秒台を出せる力を持った選手が集まった。これだけハイレベルな日本選手権を勝ち抜ければ、東京五輪でも新たな歴史をつくってくれると思う。そういう意味でも、ここで9秒台を出すことは、五輪を盛り上げることにもつながる」

 出場権はあくまで通過点。国立競技場の舞台で輝くため、死力を尽くす10秒間になる。(細野 友司)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請